上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ここ一週間あまり、文庫本を読みまくった。


ちょっとそんな期間だったのです。


そんな中、特に印象深かった一冊。

「アヒルと鴨のコインロッカー」(作:伊坂幸太郎)


一言で「おもしろい」なんて安直に言いたくはないけれど

いろんな意味をひっくるめて。


伊坂さんの「チルドレン」を最初に読んで

はまり始めての二冊目。


しばらくは伊坂作品にはまりそう. . .





Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。