上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日 滝本ヨウ さんの木削り教室に行ってきました。


ずっと気になっていた木削り。


たくさんの種類の木の中からピンとくる木を選び


何をつくるということを考えず 木の削ってほしいという声を聞きながら


出来上がりを木と共に楽しむ・・・


レッドウッドや屋久杉 桜やコットンウッド ジャイアントセコイヤ・・・


興味や好みの木がたくさんあったのだけれど


私が選んだものは まったく好みの色でも形でもなく 


けれどもなんだか魅かれた木 juniper


いったいどんな木なのだろうと思っていたら


先生が


「この木は法律上切ってはいけない木なんです。カルフォルニアの痩せた大地で


ゆっくりと時間をかけて成長する為とても貴重なもので ただ家や何かの建設の際


止むを得ず切らなければいけないときに頂いたもので このひとかけらで最後です」と。



確かにとても細かな木目がぎっしりと詰まっていて


繊細な色でありながら強さを感じた。



今の私や周りの環境に


「あわてず あせらず じっくりと時間をかけていきなさい」と教えてもらいました。



木の優しさに 感謝です。



                   *画像をクリックして是非 木目の美しさをご覧下さい。










Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。